マジックのジェームズ・エニス三世が数週間前に新型コロナウイルスに感染していたことを告白

7月15日(日本時間16日)に行われたビデオ会見で、オーランド・マジックのジェームズ・エニス三世が、数週間前に新型コロナウイルスに感染していたことを明かした。その後回復したエニス三世は、先日チームに合流している。 エニス三世が語った内容を、『ESPN』のニック・フリーデル記者が以下のように伝えている。

■スター選手の秘蔵映像を今すぐ観る!

「大変だった。自主隔離のために、約2週間ほど家族とは別の部屋で生活した。シーズン再開に向けてワークアウト出来なかったのも辛かった。だが、再びコートに戻ることができて嬉しく思っている。今は、再び自分本来の調子を取り戻すために努力している。シーズン中断中にリズムを失ったし、正直なところ体も錆び付いる。だから、僕はジムにこもって、細かい部分を気にしながらトレーニングして体調を戻し、錆を落とそうと努力している。僕はもう準備出来ているし、ここでやる事に集中している。あと2週間で出来る限りのことをやって、新型コロナウイルスに感染する前の自分に戻ろうと思っている。そのための準備は出来ているし、エキサイトしている」 また、エニス三世は感染した時の症状についても語った。 「4〜5日ほど頭痛に悩まされた。最初の24時間は寝込んでいたし、嘔吐もした。だけど、今はもう体調は良くなった。最初のスクリメージ(試合形式の練習)を来週に控えているので、今は体を動ける状態に戻すように努力している」 「俺の前にはいつも障害がある。だけど、母親が『何事にも理由がある。神が見守ってくれるから、頑張りなさい』とアドバイスしてくれた。何かを克服することが難しい時もあるが、今の僕はコートに立っている。だから万事良好だ」 今シーズン途中にフィラデルフィア・76ersからマジックにトレードされたエニス三世は、移籍後の12試合中10試合で先発を務め、平均6.8得点、4.1リバウンド、1.1アシストを記録している。 マジックはイースタン・カンファレンス8位(30勝35敗)でシーズン再開を迎える。

関連タグ

チーム

  • マジック

選手

  • James Ennis III

キーワード

  • ニュース全般
  • 新型コロナウイルス
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. マジックのジェームズ・エニス三世が数週間前に新型コロナウイルスに感染していたことを告白