マーカス・スマート「新型コロナウイルスを甘く見てはいけない」

今年3月の検査で新型コロナウイルスの陽性と診断されたボストン・セルティックスのマーカス・スマートは、若い選手ほど感染に警戒すべきだと考えているようだ。 『NBC Sports Boston』のダレン・ハートウェル記者によると、7月7日(日本時間8日)に行われたビデオ会見で、スマートは以下のように語ったという。

■スター選手の秘蔵映像を今すぐ観る!

「無症状で済むケースがあることが、ひとつの問題であると認識しないといけない。新型コロナウイルスに感染しても症状が出なかった場合、感染したことに気付かずに家に帰って、自分の祖母や子供、妻、妊婦らを感染させるかもしれない。本人は何の症状も感じていないのだから、『俺は感染検査を受ける必要はない。俺は平気だ』と思ってしまうんだ。そうしているうちに、知らず知らずのうちに感染を拡大させてしまい、各地でパンデミックが起こるんだ」 「俺のような、実際に新型コロナウイルスに感染した経験を持つ年長者が、このウイルスの危険性をきちんと伝えるべきなんだ。若い選手たちは新型コロナウイルスは大したことないと思っているかもしれない。だが、俺たちのようなベテラン選手やチーム関係者は、彼らに注意を喚起させ、十分な感染対策をする役割を持っている。だから、若い選手は俺たちの声に耳を傾けて、周りの人々に感染を広げないように細心の注意を払わないといけない」 セルティックスはすでにオーランドのバブル(隔離地区)に入っているが、フォワードのゴードン・ヘイワードのように、妻の出産に立ち会うために途中でチームを離れる選手もいる。バブル内での感染拡大は絶対に避けたいところだけに、ベテラン選手であるスマートのような選手が注意を喚起することで、感染の危険性を回避できるかもしれない。

関連タグ

チーム

  • セルティックス

選手

  • Marcus Smart

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. マーカス・スマート「新型コロナウイルスを甘く見てはいけない」