NBA、再開するシーズンでロスター枠を17人に拡大することが濃厚に

NBAが、7月末からフロリダ州オーランドにある「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート」で再開が予定されているシーズンで、各チームのロスター枠を15人から17人に拡大することが濃厚であると、『The Atheltic』のシャムズ・シャラニア記者が6月11日(日本時間12日)が自身のツイッターで発表した。 ロスターの拡大は、選手が怪我や、新型コロナウイルスに感染して戦線離脱を余儀なくされた時、この異例の状況下で戦うチームに柔軟性と選択肢を与えることが期待されている。 シャラニア記者の情報を伝えた『CBS Sports』の記事では、チームは所属の2WAY契約選手に限らず、直近2シーズンにおいてNBA、またはGリーグでプレイしていた選手であればロスターに登録できるとし、今季どのチームにも所属していなかったジャマール・クロフォードやJR・スミスもその対象になると報じている。 40歳のクロフォードは昨季、フィニックス・サンズで64試合プレイし、平均7.9得点、3.6アシストをマーク。昨季クリーブランド・キャバリアーズに在籍していた34歳のスミスは、11試合で平均6.7得点、1.9アシストを記録している。 NBAから1年以上離れる2人がすぐに活躍できるかは分からない。しかし、それぞれ実績は十分なだけに、どこのチームが声をかけるのかに注目が集まる。

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  • ロスター・スポット
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. NBA、再開するシーズンでロスター枠を17人に拡大することが濃厚に