ステフィン・カリーやクレイ・トンプソンらウォリアーズ選手が平和的なデモ行進に参加

ステフィン・カリーやクレイ・トンプソンをはじめとするゴールデンステイト・ウォリアーズの複数の選手が、カリフォルニア州オークランドのレイク・メリットで開催された平和的なデモ行進に参加したと『NBA.com』が報じた。 大勢の賛同者を集めた今回の『Walking in Unity』イベントは、ウォリアーズのフアン・トスカーノ・アンダーソンが企画。イベントの冒頭で「肌の色や、裕福さや、教養は関係ない。私たちは人間なのです」とトスカーノ・アンダーソンは宣言し、以下のように続けている。 「私たち全員が、同じ目的のためにこの場所に集まりました。それは、黒人のためだけではありません。黒人のためだけでなく、人類全体のために集まりました。世界中に抑圧された人々がいます。だから、私たちは正しい道への一歩を踏み出すために、何かを始めようとしています」 この様子はウォリアーズの公式ツイッターでも視聴ができる。また、妻と一緒にデモ行進に参加したカリーが、他の参加者と共に「Say his name」「George Floyd!」というシュプレヒコールをしながら行進している様子も、同アカウントに投稿されている。 『The Ringer』のポッドキャスト『Flying Coach』に出演したウォリアーズのスティーブ・カーHC(ヘッドコーチ)は、NBA選手が社会的な問題に声を上げることについて「とても良いことだと私は信じている」と意見を示した。 「私は、20代の自分の子供たちに、『友達のことを見て、彼らの行いに耳を傾けなさい。小さな集団に収まらずに、世界のことを知りなさい』と伝えている。今は平和的な抗議運動だけでなく、暴動や略奪など様々な事が起こっている。しかし、ぜひとも平和的な抗議運動に目を向けてほしい。今の若い世代は多くのことを経験している。きっと、彼らの時代がやってきたら、彼らは社会に変化を起こす事ができるはずだ」

関連タグ

チーム

  • ウォリアーズ

選手

  • Stephen Curry
  • Klay Thompson

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ステフィン・カリーやクレイ・トンプソンらウォリアーズ選手が平和的なデモ行進に参加