ドウェイン・ウェイド、レブロン&ローズとの“夢のビッグ3”画策を回顧「ブルズは魅力的だった」

2010年、マイアミ・ヒートにレブロン・ジェームズ、ドウェイン・ウェイド、クリス・ボッシュのスーパースター3人が揃い、“スリーキングス”の異名を取ったのは記憶に新しい。しかし、ウェイドは盟友レブロンとともに故郷シカゴに拠点を置くブルズへ行くことを検討していたと、『Essentially Sports』で明かした。 2003年ドラフト組の3人は、1位指名のレブロンがクリーブランド・キャバリアーズ、4位指名のボッシュがトロント・ラプターズ、5位指名のウェイドがヒートでNBAキャリアをスタートさせた。 ウェイドは2006年にシャキール・オニールとのコンビで優勝を果たしたが、“単独エース”だったレブロンとボッシュはリーグタイトルに関しては苦杯を舐め続けた。7年目のシーズンを終えた2010年オフ、同時にフリーエージェント(FA)となったタイミングでウェイドとレブロンはブルズ行きに関心を示していたという。 「ある意味でドリームチームを作るつもりだった。シカゴは若いタレントを擁する観点から非常に魅力的だった。でも、マイアミが3人の選手を獲得できるようになった時、夏の市場全体の動きを変えた。ブルズは俺がプレイしたい場所だった。レブロンも気に入った場所だ。俺たちはシカゴの街が大好きだった。素晴らしい市場もある。ただ、マイアミの輝く太陽も捨てがたい。俺たちは二つの選択肢があった」 しかし、当時デリック・ローズ、ルオル・デン、ジョアキム・ノアを擁していたブルズは、サラリーキャップの関係でFAを2人までしか取れなかった。「おそらくレブロンとクリス、あるいは俺とクリスだっただろう」と振り返るウェイドだが、レブロンとローズが共存できるかも考えたうえで、最終的にヒートでのプレイを選んだと明かす。 「シカゴにはボールを支配する、リーグのライジングスターとなる選手(ローズ)がいた。その時点で上手くいくと思わなかった。俺、レブロン、ローズは共存が難しい。バスケットボールの観点から自分が良いと思うものを選ぶ決断をした」 結局、ヒートに集結したスリーキングスは2012、13年に2連覇を達成。一方、獲得に失敗したブルズはカルロス・ブーザーと5年総額8000万ドル(約87億円)で契約したが、プレイオフで2度ヒートの前に涙を呑み、タイトルに手が届かない対照的な結末となった。

関連タグ

チーム

  • ブルズ
  • ヒート

選手

  • LeBron James
  • Dwyane Wade
  • Derrick Rose

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ドウェイン・ウェイド、レブロン&ローズとの“夢のビッグ3”画策を回顧「ブルズは魅力的だった」