トーリアン・プリンスが少なくとも3週間の欠場へ!

現地12月3日のゴールデンステイト・ウォリアーズ戦で左足首を負傷したアトランタ・ホークスのトーリアン・プリンスが、少なくとも3週間の戦線離脱となることが分かった。 試合翌日、チームはプリンスのMRI検査の結果について「腱の捻挫と骨打撲、そして軟組織の炎症が認められた」と発表した。 ホークスが111対128でウォリアーズに敗れた試合の第4Q(クォーター)残り7分20秒、ジャンプシュートを打ったプリンスはウォリアーズのショーン・リビングストンの足の上に着地してしまい、その弾みで左足首を捻った。彼は足を引きずりながらロッカールームへと下がり、松葉杖をついてアリーナを後にした。 ベイラー大出身で身長2m03cmのプリンスは、ホークスの3番目の得点源として活躍している。彼は2016年のNBAドラフト1巡目全体12位でプロ入りし、再建中のホークスで3シーズン目を迎えている。

関連タグ

チーム

  • ホークス

選手

  • Taurean Prince

キーワード

  • 怪我
  • 離脱
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. トーリアン・プリンスが少なくとも3週間の欠場へ!