ブルズ、複数の主力選手がジム・ボイレンHCを批判か

シカゴ・ブルズの主力選手たちが、チームの新たな重役にジム・ボイレンHC(ヘッドコーチ)に対する不満を漏らしているようだ。 ブルズのフロントオフィスに新たに加わったアルトゥラス・カルニショバス球団副社長とマーク・エバースリーGM(ゼネラルマネージャー)は、先月選手たちとミーティングを実施。その際、複数の”キープレイヤー”がボイレンHCのことを痛烈に批判したと、『Chicago Sun-Times』のジョー・コーリー記者が報じている。 そのリポートによると、カルニショバス球団副社長とエバースリーGMは、新たなヘッドコーチを探す方向で考えているようだが、具体的な決断はNBAの今後のスケジュールが決まってからになるだろうと見られている。 誰が不満を漏らしたのかは不明だが、ブルズのヘッドコーチとして39勝84敗とボイレンHCが苦戦しているのは事実であり、過去にもザック・ラビーンをはじめとする複数の選手との衝突が話に上がった。だが、ボイレンHC本人は、あと2年契約が残っていることから「来シーズンもヘッドコーチを続けられると安心しきっている」と同紙では伝えられている。 カルニショバス球団副社長も、就任当初はボイレンHCに関して以下のような好意的なコメントを述べていた。 「私は『ジムは良い仕事をしている』という第一印象を得た。今後、私は球団についてより詳細な評価をすることになる。それには相当な時間がかかるだろう。しかも新型コロナウイルスによる自主隔離の影響で、それは更に困難になっている。再びある程度の日常が戻ってくるまでは現状の把握が難しいだろう」 解任の噂が絶えないボイレンHCだが、主力選手から出た今回の報告によって、その動きが加速するかもしれない。

関連タグ

チーム

  • ブルズ

キーワード

  • ニュース全般
  • ヘッドコーチ
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ブルズ、複数の主力選手がジム・ボイレンHCを批判か