ロケッツのマイク・ダントーニHC、シーズン再開後もチームの指揮を執ることに意欲

高齢者が新型コロナウイルスに感染すると重症化や死亡のリスクが高まると言われているが、『ESPN』のティム・マクマホン記者によると、ヒューストン・ロケッツのマイク・ダントーニHC(ヘッドコーチ)はシーズン再開後もチームの指揮を執ることに意欲を見せているそうだ。 5月8日に69歳となり、NBAにおいてはサンアントニオ・スパーズのグレッグ・ポポビッチ(71歳)に次いで2番目に高齢なヘッドコーチのダントーニ。アメリカ疫病予防管理センター(CDC)は、65歳以上は新型コロナウイルスにより深刻な健康被害を受ける可能性があると発表しており、リーグ内では高齢のコーチやスタッフが試合に関わることを不安視する声も上がっている。 それでも、ダントーニHCは、NBAコミッショナーのアダム・シルバーとリーグオフィスが定めた安全ガイドラインに全幅の信頼を寄せているようだと、ロケッツの関係者は語っている。 今もヒューストンの自宅で自主隔離生活を送るダントーニHCは「選手、コーチ、スタッフの安全が確保されない限り、シルバー・コミッショナーはシーズン再開にゴーサインを出さないはずだ」と語っているそうだ。 シーズンが中断した時点でウェスタン・カンファレンスの5位タイ(40勝24敗)につけるロケッツだが、それでも優勝のチャンスは十分にあるとチームに対する自信を示してきたダントーニHC。NBAのヘッドコーチとして668勝523敗という成績を残しているが、NBAファイナルに進出したことは一度もなく、フェニックス・サンズ時代の2005-06シーズンと、ロケッツ時代の2017-18シーズンにはカンファレンス・ファイナルで敗退し、NBAファイナル進出をあと一歩のところで逃している。

関連タグ

チーム

  • ロケッツ

キーワード

  • ニュース全般
  • マイク・ダントーニHC
  • 新型コロナウイルス
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ロケッツのマイク・ダントーニHC、シーズン再開後もチームの指揮を執ることに意欲