コービー・ブライアント最後のシーズン、ドキュメンタリーとして配信か

マイケル・ジョーダン率いるシカゴ・ブルズが最後に優勝した1997-98シーズンを追ったドキュメンタリー10部作『ザ・ラストダンス』の配信が話題となるなか、コービー・ブライアントがロサンゼルス・レイカーズで過ごした最終シーズンを追ったドキュメンタリー番組が公開される可能性が浮上した。 4月24日(日本時間25日)に『ESPN』が纏めたレポートによると、コービーの20年のキャリアの最終シーズンとなった2015-16シーズンを通して、レイカーズを追っていたコービーの撮影班は前例のないアクセスを有していたとのこと。当時のチームスタッフ数名によると、コービーの撮影班はホームとロード両方のロッカールーム、トレーニングルーム、チームの練習施設全体、さらにはチームの移動に使用されたチャーター機にまでアクセスできたという。また、コービーが60得点を挙げたユタ・ジャズとの引退試合は、総勢6名の撮影班によって撮影されている。 コービーの最終シーズンを通して徹底的に集められた映像がドキュメンタリー番組として配信されるかどうかは、1月下旬のヘリコプター墜落事故でコービーが他界してしまったため不明だが、情報筋によるとこれらの映像は編集段階にあり、数年後にリリースされる予定であったとのこと。また、同情報筋は、これらの計画がコービーの死後に変更された可能性は低いと述べている。

関連タグ

チーム

  • レイカーズ

キーワード

  • ニュース全般
  • コービー・ブライアント
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. コービー・ブライアント最後のシーズン、ドキュメンタリーとして配信か