コービーが設立した『マンバ・スポーツ・アカデミー』、Gリーグの新プログラムで使用される可能性が浮上

NBAの下部リーグであるGリーグが新設した『セレクト・チーム』が、故コービー・ブライアント(元ロサンゼルス・レイカーズ)が立ち上げた『マンバ・スポーツ・アカデミー』をトレーニング施設として利用する計画を持ち出していると、リーグの情報筋が『Yahoo Sports』に伝えている。 高校卒業後、大学を介さずNBAを目指す選手に新たな道を提供するGリーグの新プログラムであるセレクト・チームには、ESPNが発表している高校生プレイヤーランキングで1位の評価を受けたジェイレン・グリーン(カリフォルニア州フレズノ出身)、と同13位のアイザイア・トッド(バージニア州リッチモンド出身)が加入することが決定している。 なお、NBAとGリーグはマンバ・スポーツ・アカデミーを、セレクト・チームの選手育成センター、および本部として利用することを検討しているとのこと。ただし、ほかの施設も同時に検討しており、現時点で正式にパートナーシップを結んだ訳ではないとした。 10万平方フィートの多目的トレーニング施設であるマンバ・スポーツ・アカデミーには、5つのバスケットボールコートと最新テクノロジーが備わったリカバリーセンターが完備されている。

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  • Gリーグ
  • コービー・ブライアント
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. コービーが設立した『マンバ・スポーツ・アカデミー』、Gリーグの新プログラムで使用される可能性が浮上