ルー・ウィリアムズが明かす同僚レナードの“意外な素顔”「俺たちの中で一番話す」

ロサンゼルス・クリッパーズのカワイ・レナードは、新天地1年目の今シーズンも平均26.9得点、7.3リバウンド、5.0アシストを記録してウェスタン・カンファレンス2位(44勝20敗)につけるチームの躍進に貢献している。サンアントニオ・スパーズ時代から寡黙な印象が定着しているが、同僚のルー・ウィリアムズが“意外な素顔”を明かした。 名将グレッグ・ポポビッチのもとで守備のスペシャリストとして才能を開花させた男は、昨シーズン、トロント・ラプターズにフランチャイズ初の優勝をもたらし、東西でファイナルMVPを獲得した史上初の選手として名を刻んだ。クリッパーズに加入した今シーズンもポール・ジョージとともにチームを牽引し、NBAオールスターでも3ポイント8本を含む30得点で「コービー・ブライアント・MVPアウォード」の初代受賞者に輝いている。 ストイックで寡黙な印象のレナードだが、チームメイトからすればイメージが独り歩きしているという。過去にシックスマン賞を3度獲得しているルー・ウィリアムズは、『ESPN』のリモートインタビューで「信じられないかもしれないけど、カワイは俺たちのグループチャットの中で一番話す」とその“素顔”を明かした。 「話さない男としてのイメージがどこで定着したのかは分からない。でも、彼はリーダーだ。グループチャットやワークアウトではすごく積極的で、みんなとコミュニケーションを取って模範として行動で示している。昨日、彼とは家族や自分のコンディションなどについて確認し合った。とてもアクティブで、陽気な面白いヤツなんだ」 新型コロナウイルスの影響でリーグが中断しているなか、クリッパーズは『Zoom』での電話会議や各自に送られたトレーニング機器を利用して調整を続けている。ただ、現時点でシーズン再開の目途は立っておらず、ルー・ウィリアムズも冷静に現状を受け止めている。 「彼(レナード)と知り合えて、今シーズン一緒に戦えて嬉しいよ。俺たちは約20試合を残していて、終盤に向けたケミストリーに自信を持っていた。このような状況は残念だけど、一歩引いて何が最も重要か理解する必要がある」 クリッパーズはレナードを中心に一丸となり、リーグ再開の時を虎視眈々と待つ。

関連タグ

チーム

  • クリッパーズ

選手

  • Lou Williams
  • Kawhi Leonard

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ルー・ウィリアムズが明かす同僚レナードの“意外な素顔”「俺たちの中で一番話す」