ジョーダンのサイン入りドリームチーム ユニフォームがオークションに

“バスケットボール界の神様”と呼ばれたマイケル・ジョーダン(現シャーロット・ホーネッツ オーナー)がアメリカ代表として1992年バルセロナ五輪で実際に着用したユニフォームが、本人のサイン入りでオークションに出品されるようだ。 これはスポーツ関連の品物を取り扱う『ロバード・エドワード・オークション』によってオンラインで入札が行われるもので、締め切りは4月19日、スタート価格は2万5,000ドル(約270万円)となっている。同オークションサイトによると、このユニフォームはバルセロナ五輪でのアルゼンチン戦、リトアニア戦、カナダ戦、そして決勝のクロアチア戦でジョーダンが着用していたものだという。 1992年、アメリカ代表は初めてNBAのトップ選手たちでチームを構成して五輪に出場。ジョーダンを筆頭に、マジック・ジョンソン、ラリー・バードなど後に殿堂入りを果たす一流プレイヤーたちが集ったことで“ドリームチーム”と呼ばれたチームは、すべての試合で大差をつける圧倒的な強さで金メダルを獲得した。それだけにこのユニフォームは、バスケットボール界の歴史に残る逸品と言えるだろう。 ドリームチームメンバーによるグッズの出品といえば、現在解説者として活躍するチャールズ・バークリーが、先日、地元アラバマに手頃な価格の住宅を建築する活動支援のため自身が保持するトロフィーやメダルなど多くの記念品を売りに出すと表明。そこにはドリームチーム関連のものも含まれていると語っていた。

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  • マイケル・ジョーダン
  • アメリカ代表
  • オリンピック
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ジョーダンのサイン入りドリームチーム ユニフォームがオークションに