マーベリックスのマーク・キューバン・オーナー「アメリカにはスポーツが必要」

『ESPN』の『Get Up』にテレビ電話出演したダラス・マーベリックスのマーク・キューバン・オーナーが、NBAのシーズン再開の見通しについて語った。 先週、キューバン・オーナーは「5月中旬のシーズン再開もありうる」とコメントしたが、現在はより慎重な見方をしているようだ。 「(シーズンの再開時期は)全くわからない。1つ言えることは、我々は健康を第一に考えており、一切のリスクを冒さないということだ。我々は、選手、ファン、スタッフら全ての人々の健康に関するリスクを冒さない。だから、現在のところシーズン再開に関しては何も進展はない」 また、番組では、中国のバスケットボール・リーグ(CBA)が1ヶ月以内にシーズンを再開する可能性があることにも言及された。CBAは、全20チームを2つに分け、2つの都市で無観客試合によるシーズンを再開することを計画している。 NBAも同様のやり方で、中立都市でシーズンを再開する可能性も囁かれているが、この計画についてキューバン・オーナーは「素晴らしい考えだと思う。なぜなら、アメリカにはスポーツが必要だからだ。私たちには、応援する対象や、興奮するものが必要なんだ。テキサス州の北部の人々は、マーベリックスの試合を見て一緒に盛り上がりたいんだ。たとえ無観客試合だったとしても、テレビで試合を観てファン同士で興奮を分かち合い、再びハイファイブを交わす日を待ち望んでいるんだ。私たちには、それが必要なんだ。だから、私は、それを実現するために全力を尽くす。何が起きようとも、私はプロとしてそれを成し遂げる」と、力強く語った。

関連タグ

チーム

  • マーベリックス

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. マーベリックスのマーク・キューバン・オーナー「アメリカにはスポーツが必要」