マイケル・ポーターJr.は開幕から出場可能か?!

ESPNが現地8月12日に報じたところによると、デンバー・ナゲッツのルーキーのマイケル・ポーターJr.は、2度手術をした背中の怪我の状態は良くなっており、今シーズンの開幕から試合に出場できると語っているようだ。 高校時代に全米No.1選手との呼び声も高かったポーターJr.は、昨秋に鳴り物入りでミズーリ大に入学した。しかし、彼は背中の怪我の影響で大学時代に僅か3試合にしか出場できず、今年のNBAドラフトで1巡目全体14位にまで指名順位を落とし、ナゲッツに入団することとなった。 2箇所の椎間板膨隆が診断で明らかになったため、ポーターJr.は昨年11月に1回目の手術を行ったのだが、その手術では痛みが取れなかったそうだ。彼は、今年6月に行った2度目の脊椎手術の後にようやく痛みから解放されたと語っている。 ポーターJr.は、ESPNのインタビューに対して以下のように答えている。 「正確な復帰時期は分からないけれど、できれば開幕から試合に出場したい。まだ回復を待っている段階だけれど、状態は非常に良くなっていると思う。コート上で少しは練習できるようになったけれど、決して焦らず、慎重にリハビリを進めているよ。周りからは、焦らず辛抱するように言われているんだ。」 実際、ナゲッツのジョシュ・クロエンケ球団社長は、今年のドラフト後に「もし怪我が完治しなければ、ポーターJr.をシーズン全休にする可能性もある」と話している。 しかし、ここに来て、身長2m08cmの長身シャープ・シューターが、攻撃的なナゲッツのラインナップにシーズン開幕から加わる可能性が高くなってきた。昨シーズン、ナゲッツは100ポゼッション換算で112.5得点(リーグ6位)という非常に高いオフェンス効率を誇っていた。

関連タグ

チーム

  • ナゲッツ

選手

  • Michael Porter Jr.

キーワード

  • 怪我
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. マイケル・ポーターJr.は開幕から出場可能か?!