ホークスのCEOが「NBAのレギュラーシーズン開幕を12月にする」というアイデアを提言

『CBSSPORTS.COM』のジャック・マローニー記者によると、MIT Sloan Sports Analytics Conferenceで、アトランタ・ホークスのスティーブ・クーニンCEOが「NBAのレギュラーシーズン開幕を12月にする」というアイデアを提言したそうだ。 アメリカの一般的なスポーツファンは、4大スポーツの中で最も人気があるNFLのシーズンが終わる12月中旬頃からNBAを観はじめる傾向がある。こうした状況を加味して、クーニンCEOは、NBAの開幕を現在の10月中旬から12月中旬にスライドし、NBAファイナルを8月に開催、それに伴ってNBAドラフトやフリーエージェント、サマーリーグなどの開催時期も変えるというアイデアを提案したそうだ。 この提案について、NBAも大いに参考にする意思を見せている。『ESPN』の取材に対し、NBAの戦略分析部門のシニア・バイス・プレジデントを務めるエバン・ワッシュ氏は「我々は、リーグのスケジュールを見直すことに何の問題も感じていない。だが、スティーブの提案を実現する前に、他の重役たちの意見を聞く必要がある。また、NBAファイナルを6月ではなく8月に開催する方が良いという理論的な証拠も必要になる。一般的に、8月はテレビの視聴率が下がるからだ。しかし、それは8月には他に魅力的なコンテンツが無いことも意味している。だから、我々はNBAを10月から6月まで開催することに特別なこだわりは持っていない。こういった新しいアイデアについて語る上で重要なのは、テレビの視聴率や選手の疲労への影響といった観点ではなく、『ファンにどれだけ良いコンテンツを提供できるか?』という観点だ」と語っている。 アダム・シルバー・コミッショナーは、レギュラーシーズンの試合数の短縮や、シーズン中のトーナメント、プレイオフのシード順の変更など、様々なアイデアを提案しているが、今回のクーニンCEOによるアイデアも1つの参考になるはずだ。

■初月無料でNBAを観る

関連タグ

チーム

  • ホークス

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ホークスのCEOが「NBAのレギュラーシーズン開幕を12月にする」というアイデアを提言