クイズ番組の珍解答を見たシクサーズのジョエル・エンビードがツイッターのハンドルネームを変更

『Clutchpoints.com』のバージル・ビラヌエバ記者によると、クイズ番組の珍解答を見たフィラデルフィア・76ersのジョエル・エンビードがツイッターのハンドルネームを変更したそうだ。 事の発端は、『Jeopardy』というクイズ番組で出された「2019年にジョエル・エンビードが商標登録した自身のニックネームで、76ersのチーム再建のスローガンでもある言葉は?」という問題に、解答者の1人が「Do a 180(180度方向転換する)」と答えたことがきっかけだ。 もちろん、シクサーズ・ファンなら誰もが知っている通り、正解は「The Process(過程)」だが、その解答者は全く逆の意味の言葉を解答してしまった。 すると、エンビードはすぐさま自身のハンドルネームを「The Process」から「Joel "Do a 180" Embiid???」に変更した。 2014年のNBAドラフト1巡目3位指名でシクサーズに入団したエンビードは、怪我の影響で最初の2シーズンを棒に振り、2016-17シーズンにようやくNBAデビューを飾ったが、今でも出場時間や試合数の制限を受けている。試合に出られない間、エンビードはシクサーズのファンに向けて「Trust the process(プロセスを信じろ)」と訴え続け、長年低迷を続けていたシクサーズが再浮上することを約束した。 現在、シクサーズは2大エースのエンビードとベン・シモンズを怪我で欠く厳しい状況ではあるが、全員が健康な状態でプレイオフに突入すれば、十分に優勝を狙える戦力が揃っている。

■初月無料でNBAを観る

■エンビードのツイッターアカウントはこちら

関連タグ

チーム

  • 76ers

選手

  • Joel Embiid

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. クイズ番組の珍解答を見たシクサーズのジョエル・エンビードがツイッターのハンドルネームを変更