セルティックスのマーカス・スマートに3万5,000ドルの罰金処分

3月3日(日本時間4日)に行われたボストン・セルティックス対ブルックリン・ネッツの試合後に、審判に詰め寄って暴言を吐いたセルティックスのマーカス・スマートに対し、NBAは3万5,000ドル(約380万円)の罰金処分を言い渡した。 NBAは、スマートの試合後の行動だけでなく、試合中にコート上で無礼な行動をしたことも処分の対象となっているとコメントしている。 試合はオーバータイムの末にネッツが129-120で勝利した。 『CBSSPORTS.COM』のマイケル・キャスキー・ブローメイン記者によると、スマートは試合終了後すぐに審判と何かを話し合っていたが、徐々にヒートアップし、審判の1人を指差しながら激しい口調で何かを主張していた。スマートはチーム関係者に制止されながらも抗議を続け、そのままロッカールームへと連れ戻された。 試合後、スマートはインタビューに応じなかったが、第4クォーター最後のプレイで、ネッツのキャリス・ルバートの3ポイントシュートへのディフェンスがファウルになったことが最も不服だったのでは、とブローメイン記者は指摘している。結局、ルバートは3本の3ポイントを全て決めて試合はオーバータイムになり、セルティックスの敗戦につながった。 もしスマートが試合中に無礼な行動をしていなければ、罰金の金額はもっと少なかったかもしれないが、出場停止処分が無かったのは不幸中の幸いと言える。 『HoopsHype』によると、今シーズンのスマートの年俸は1,255万3,571ドル(約13億8,000万円)とのことだ。

■初月無料でNBAを観る

関連タグ

チーム

  • セルティックス

選手

  • Marcus Smart

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. セルティックスのマーカス・スマートに3万5,000ドルの罰金処分