ネッツがカイリー・アービングの右肩手術成功を発表

ブルックリン・ネッツは、カイリー・アービングの右肩の手術が成功し、故障が完治する見込みだと発表した。先日、ネッツはアービングが同箇所の負傷により残りシーズンを全休することを明かしている。 昨オフ、フリーエージェントで地元のネッツに入団したアービングは、開幕戦でいきなり50得点の鮮烈デビューを飾った。しかし、プレシーズンで負傷した肩の状態が悪化し、11月14日(日本時間15日)のデンバー・ナゲッツ戦を終えると戦線離脱を余儀なくされる。 その後、12月末にコルチゾン注射を打つなど治療を行い、1月12日(同13日)のアトランタ・ホークス戦で復帰を果たすと、1月31日(同2月1日)のシカゴ・ブルズ戦で54得点の大爆発。同一シーズンで50得点以上を複数回マークした球団史上初の選手となるなど活躍した。しかし続くワシントン・ウィザーズ戦後に再び離脱すると、オールスターブレイクからの再開前日に手術を選択することが明らかになった。 今シーズンのアービングはわずか20試合の出場にとどまり、1試合平均27.4得点、6.4アシスト、5.2リバウンドで移籍1年目を終えた。 大黒柱を欠く中、チームは3月2日(同3日)終了時点で26勝33敗と、プレイオフ出場圏内となるイースタン・カンファレンス8位にとどまっている。

■初月無料でNBAを観る

関連タグ

チーム

  • ネッツ

選手

  • Kyrie Irving

キーワード

  • 怪我
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ネッツがカイリー・アービングの右肩手術成功を発表