バックスのヤニス・アデトクンボが史上最短の35分で「40点・20リバウンド・5アシスト」以上を達成

3月1日(日本時間2日)にシャーロットのスペクトラム・センターで行われたシャーロット・ホーネッツ戦で、ミルウォーキー・バックスのヤニス・アデトクンボが35分間の出場で41得点、20リバウンド、6アシストという活躍を見せた。 試合は、バックスが93-85で勝利して6連勝を飾っている。 『Elias Sports Bureau』によると、35分間での「40-20-5」達成は、NBA史上最短記録とのことだ。これまでの記録は、ボブ・ペティット(元セントルイス・ホークス/1959年)とエルジン・ベイラー(元ロサンゼルス・レイカーズ/1960年)の36分間だった。 また、バックスの選手が「40-20-5」を達成したのは、1974年3月のカリーム・アブドゥル・ジャバー以来だと、『ESPN Stats & Information』は報じている。NBA全体でも、過去30シーズンで40-20-5を達成したのはデマーカス・カズンズ(現ロサンゼルス・レイカーズ/2度達成)と、クリス・ウェバー(元サクラメント・キングスほか)しかいなかった。 さらに、25歳と86日目でこの記録を達成したアデトクンボは、1987年1月30日(同31日)に23歳と344日目で達成したチャールズ・バークレー以降では、最も若い達成者となった。 アデトクンボが40得点以上、20リバウンド以上を記録したのは、キャリア初だ。 この試合は終始接戦だったが、アデトクンボは試合終盤のバックスの7得点全てを決めて、チームに勝利を呼び込んだ。100点以下の得点でバックスが勝利したのは、2019年2月21日(同22日)のボストン・セルティックス戦(98-97)以来とのことだ。

■初月無料でNBAを観る

関連タグ

チーム

  • バックス

選手

  • Giannis Antetokounmpo

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. バックスのヤニス・アデトクンボが史上最短の35分で「40点・20リバウンド・5アシスト」以上を達成