カーメロ・アンソニーにニックス復帰説が浮上、新社長就任が濃厚の敏腕代理人が画策か

ポートランド・ブレイザーズのカーメロ・アンソニーに、ニューヨーク・ニックス復帰説が浮上した。 2003年ドラフト1巡目3位でデンバー・ナゲッツ入りしたカーメロは、2010-11シーズン途中に故郷ニューヨークに拠点を置くニックスへと移籍。「I'm Coming Home」(ただいま)という言葉は多くのニューヨーカーたちの心に響き、カーメロもチームのために全力を尽くした。 カーメロのディフェンスに批判の矛先が向けられることもあったなか、2017年にオクラホマシティ・サンダーへ移籍。昨季はシーズン途中にヒューストン・ロケッツに放出され、トレード先のシカゴ・ブルズから解雇される憂き目に遭った。9カ月以上の無所属期間を経て、今季途中にブレイザーズと契約。ここまで44試合に出場して平均15.5得点、6.4リバウンド、1.5アシストの成績を残している。 『ニューヨーク・ポスト』によれば、複数のNBA幹部は、ニックスの新社長候補であるレオン・ローズ氏がカーメロを呼び戻すことに関心があると証言しているという。 ローズ氏は2009年から『Creative Artists Agency』でカーメロの代理人を担当。2011年のニックスへのトレードも交渉にあたった人物で、過去にはレブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)、ドゥエイン・ウェイド、クリス・ボッシュらスーパースターをクライアントに抱えていた経歴を持つ。 そんな敏腕代理人はニックスの新社長就任が濃厚視され、3月1日に正式発表されると目されている。名門復活を目指すにあたり、カーメロに白羽の矢を立てる模様だ。カーメロはローズ氏の手腕に関して、このように信頼を寄せている。 「俺、ブロン(レブロン)、D-Wade(ウェイド)、CP(クリス・ポール)、ボッシュ……彼はベスト・オブ・ベストを(クライアントに)抱えていた。彼はいつ、誰に対しても正直だった。選手との関係性、コミュニケーション、パーソナリティを知ることは、交渉を成立させるうえで大きな意味を持つ。代理人としてトップレベルで、これまでも多くの契約を成立させてきた。彼は組織とビジネスを運用するのが得意だ」 一方で、今季終了後に完全FA(フリーエージェント)になる自身の未来については明言を避けている。 「状況がどうなるか分からないから、何かを言うのは難しい。全プランを見てみないとね。彼とは週に何度も話している。ただ、それは俺らが議論することじゃない。まだみんなにとって衝撃的なことだと思う。オフシーズンが来たら……。状況は常に変わるから、今は注意深く見守らないといけない」 カーメロは来季、4年ぶりに古巣ニックス復帰を果たすことになるのだろうか。

■初月無料でNBAを観る

関連タグ

チーム

  • ニックス
  • トレイルブレイザーズ

選手

  • カーメロ アンソニー

キーワード

  • 移籍・トレード
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. カーメロ・アンソニーにニックス復帰説が浮上、新社長就任が濃厚の敏腕代理人が画策か