ペイサーズのジェレミー・ラム、左膝を痛め残りシーズン全休に

インディアナ・ペイサーズのジェレミー・ラムが、左膝に重傷を負い残りシーズン全休となる手術が必要となった。ラムは2月23日(日本時間24日)に行われたトロント・ラプターズ戦で負傷。試合後、彼は「深刻なものではないことを期待する」と語っていたが、その希望通りとはならなかった。 ペイサーズは、ラムの状況について十字靭帯の損傷、外側半月板の骨折と発表。いつ手術を行うのかはまだ決定していない。 NBA8年目のラムは、オクラホマシティ・サンダー、シャーロット・ホーネッツを経て今シーズンからペイサーズに加入。ここまで46試合出場(先発42試合)で1試合平均12.5得点、4.3リバウンド、2.1アシストを記録している。開幕から先発を務め1月下旬にビクター・オラディポが復帰を果たすと一時期は控えとなったが、2月に入るとスターターに復帰を果たしていた。

■初月無料でNBAを観る

関連タグ

チーム

  • ペイサーズ

選手

  • Jeremy Lamb

キーワード

  • 怪我
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ペイサーズのジェレミー・ラム、左膝を痛め残りシーズン全休に