バックス、早くもプレイオフ出場が決定

ミルウォーキー・バックスが、2月23日(日本時間24日)に早くもプレイオフ出場を決めた。この日、イースタン・カンファレンス9位のワシントン・ウィザーズがシカゴ・ブルズに敗れたことで、カンファレンス1位のバックスは残り27試合でウィザーズとのゲーム差を27.5に広げた。これにより、プレイオフ開幕55日前の段階にして、早くもポストシーズンへの切符をつかんだ。 『Elias Sports Bureau 』によると、2月23日、56試合終了時でのプレイオフ確定は、2017年のゴールデンステイト・ウォリアーズ(2月25日、58試合出場終了時)を上回り、直近15シーズンではNBA最速だった。 今シーズンのバックスは11月10日のオクラホマシティ・サンダー戦から12月14日のクリーブランド・キャバリアーズ戦にかけて、NBA歴代11位タイとなるレギュラーシーズン18連勝を達成。開幕24勝3敗とスタートダッシュに成功すると、その後も順調に白星を積み重ねている。 48勝8敗という現時点の成績は、1995−96シーズンのシカゴ・ブルズ、2015−16シーズンのゴールデンステイト・ウォリアーズに続くNBA史上3チーム目となるシーズン70勝に到達するペースだ。この調子で勝ち進んでいけば、1試合平均30得点、13.6リバウンド、5.8アシストを挙げている大黒柱ヤニス・アデトクンボの2年連続シーズンMVP受賞もより濃厚となってくる。

■初月無料でNBAを観る

関連タグ

チーム

  • バックス

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. バックス、早くもプレイオフ出場が決定