クリッパーズのポール・ジョージ、審判批判で罰金処分

■初月無料でNBAを観る

ロサンゼルス・クリッパーズのポール・ジョージが、審判の判定批判に関する問題発言でリーグから3万5,000ドルの罰金処分を課せられた。対象となったのは、2月11日(日本時間12日)に103-110で敗れたフィラデルフィア・76ers(以下、シクサーズ)戦後のコメントだ。 「俺たちは良いプレイをしたけど、7点差で負けた。少なくとも今夜いくつかの”ホームコート・クッキング”があった。ファウルの数は俺たちの19に対し、相手は11だった」 ”ホームコート・クッキング”とは、ホームのシクサーズに有利な判定だったと揶揄するもの。ちなみに今シーズン、シクサーズはここまでホームでは25勝2敗と圧倒的な強さを見せる一方、アウェーでは9勝19敗と大きく負け越している。『NBC Sports』によると、この試合の11ファウルは、クリッパーズにとってシーズン最小の獲得ファウル数だった。 ジョージがリーグから審判批判によって罰金を課せられるのは、今回で通算8度目。合計金額は18万5,000ドルに達している。なお、インディアナ・ペイサーズ在籍時代の2014年プレイオフ期間中においても、今回と同様の発言で処分を受けている。

関連タグ

チーム

  • クリッパーズ

選手

  • Paul George

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. クリッパーズのポール・ジョージ、審判批判で罰金処分