トリスタン・トンプソン「タダ同然でドラモンドを獲得したようなもの」

2月6日(日本時間7日)、トレードデッドラインの約1時間前にクリーブランド・キャバリアーズとデトロイト・ピストンズの間で、アンドレ・ドラモンドが絡んだトレードが成立した。キャバリアーズは、ガードのブランドン・ナイト、フォワードのジョン・ヘンソン、2023年のドラフト2巡目指名権を放出し、代わりに2度のオールスター選出を誇るドラモンドを獲得している。 7日(同8日)に『AP通信』が報じたレポートによると、キャバリアーズのトリスタン・トンプソンが同トレードについて、「(ドラモンドを)タダ同然で獲得したようなものだ」とコメントしたという。 同じくキャバリアーズのケビン・ラブは、リーグ最高の1試合平均15.8リバウンドを記録しているドラモンドの加入について、以下の通りコメントしている。 「彼は非常にハードなプレイをするし、生産性も恐ろしいほど高い。(ドラモンドの加入で)僕らの競争力は間違いなく高まるだろう。僕らはオールスター級の選手を獲得した。彼は様々な側面でチームに貢献するオールラウンドのビッグマンだ」 キャバリアーズのコービー・アルトマンGM(ゼネラルマネージャー)もドラモンドを以下の通り絶賛している。 「(ドラモンドの加入で)我々はより驚異的なオフェンシブ・チームとなるだろう。そして、それはディフェンス面でも同じことが言える。ラブとドラモンドを組ませることで新たなチャンスが生まれる。彼らは上手くフィットすると思うし、相補的な関係を築いていくことだろう」 今季、13勝39敗とチーム史上ワースト記録に苦しむ若手中心のキャバリアーズは、多才なベテラン・ビッグマンの加入により様々な側面で恩恵を受けることになると信じているようだ。アルトマンGMは、今季残りの30数試合で、ドラモンドがコート上でチームに貢献するのみでなく、ラリー・ナンスJr.、コリン・セクストン、そしてルーキーのダリアス・ガーランドやケビン・ポーターJr.らチームのヤングコア育成における貢献にも期待している。 ドラモンドは、2月9日に行われるロサンゼルス・クリッパーズ戦にて、キャバリアーズでのデビューを果たす予定となっている。

■初月無料でNBAを観る

関連タグ

チーム

  • キャバリアーズ

選手

  • Andre Drummond

キーワード

  • 移籍・トレード
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. トリスタン・トンプソン「タダ同然でドラモンドを獲得したようなもの」