レブロン・ジェームズがコービーに哀惜のメッセージ「君のレガシーを受け継ぐと約束する」

ヘリコプター墜落事故でコービー・ブライアントがこの世を去って以降声明を出していなかったロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズが、1月27日(日本時間28日)、自身のインスタグラムを更新。まだ感情を整理できていないとしながらも、コービーのレガシーを受け継いでいくと故人にメッセージを送った。 コービーが亡くなる前日のフィラデルフィア・76ers戦でレブロンは29得点を記録し、通算得点数でコービー(3万3643得点)を上回り歴代3位に浮上。その偉業に対し、コービーは自身のツイッターで「バスケットボールを前進させ続けろ。我が兄弟に大きな敬意を」と祝福したが、これが生前最後の投稿となった。 レブロンはインスタグラムにて、コービーとの思い出が残る写真と共に故人への想いを綴った。 「まだ準備はできていないけれどやるよ。この投稿でなにを書こうか今考えているけれど、君のこと、ジジのこと、僕らが築いた友情、絆、兄弟愛を思い返すたびに涙が止まらない」 「日曜の朝、フィラデルフィアからLAに戻る前に君の声を聞いたばかりだった。その会話が最後になるなんて全く思っていなかった。本当に信じられない。悲しみに暮れ、打ちのめされている。君のことを愛しているよ兄弟」 「ヴァネッサと子供のことを思うと心が痛む。君のレガシーを受け継ぐと約束する! 君は僕ら全員にとってとても特別な存在で、特にレイカーネイションにとっては大きな存在だった。君が残したものを背負い、前進させるのは僕の役目だ。天国から力を与えてもらいたい、そして見守っていてくれ。僕はひとりじゃない」 「もっと伝えたいことがあるけれど、今これ以上はできない。まだ乗り越えられないよ。兄弟よ、また会う日まで」 レブロンとコービーは、レブロンがリーグ入りした2003年からコービーが引退する2016年まで、リーグを代表するスターとして13シーズンにわたりNBAを共に牽引。オリンピックではアメリカ代表でチームメイトとなり、2大会連続で金メダルを獲得(2008、2012)している。

■初月無料でNBAを観る

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  • Kobe Bean Bryant
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. レブロン・ジェームズがコービーに哀惜のメッセージ「君のレガシーを受け継ぐと約束する」