デイビッド・スターン前NBAコミッショナーの告別式に元スター選手らが多数参列

現地1月1日に逝去したデイビッド・スターン前NBAコミッショナーの告別式が、21日にニューヨークのラジオシティ・ミュージックホールで開催された。1984年にコミッショナーに就任、その後30年にわたって同職を務め、リーグを大きく発展させたスターン氏を追悼するため、現コミッショナーのアダム・シルバーを始め多くのNBA関係者が参列した。 『ESPN』のマーク・J・スピアーズ記者によると、その中にはマジック・ジョンソン(元ロサンゼルス・レイカーズ)、マイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)、ビル・ラッセル(元ボストン・セルティックス)、カリーム・アブドゥル・ジャバー(元ロサンゼルス・レイカーズほか)、ダーク・ノビツキー(元ダラス・マーベリックス)、ヤオ・ミン(元ヒューストン・ロケッツ)、ディケンベ・ムトンボ(元デンバー・ナゲッツほか)など往年の名選手たち、マイアミ・ヒートの球団社長パット・ライリーなど、錚々たる面々が含まれているという。NBA以外でも、北米アメリカンフットボールリーグNFLのコミッショナーであるロジャー・グッデル、NFLニューイングランド・ペイトリオッツのロバート・クラフト・オーナー、グラミー賞受賞のジャズアーティストであるウィントン・マルサリスなどが出席した。 また、『ニューヨーク・ポスト』紙のマーク・バークマン記者は、22日にニューヨークで試合を行うニックスとレイカーズの両チームは、ともに告別式に参加できるように練習をキャンセルしたと伝えている。

■初月無料でNBAを観る

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. デイビッド・スターン前NBAコミッショナーの告別式に元スター選手らが多数参列