初のオールスター出場に自信を示すブルズのザック・ラビーン「自分はオールスター選手」

類い稀な身体能力から繰り出す豪快なダンクでファンを魅了するシカゴ・ブルズのザック・ラビーンが、自分自身はオールスター出場に値する選手であると思っていると語った。『Clutchpoints.com』が報じている。 『Stadium』のシャムズ・シャラニア記者のインタビューに応じたラビーンは、「チームが勝つためにできる限りのことをしている。自分のことをオールスター選手だと思っているし、いつもコートに立つときは自分が最高の選手だと思ってプレイしている。自分に対して自信を持っていなければ勝負に負けしまう」とプレイする上で自身が持つメンタリティを明かしている。 ラビーンはさらに、「個人の目標を優先することはないよ。(オールスターに選出されると)信じているけど、試合に勝利すること、さらにはチームをプレイオフに導くことを第一に考えている」と個人よりチームの成功が最優先であると語った。 ラビーンは今シーズン、ここまで42試合に出場し、平均24.6得点、4.6リバウンド、4.0アシスト、1.4スティールを記録。1月17日発表されたオールスター投票の途中結果発表では、イースタン・カンファレンスのガード部門で6位に入った。 その途中結果を見る限り、オールスターに先発出場する可能性は低いが、カンファレンス9位のブルズ(15勝27敗)をエースとして牽引するラビーンは、オールスターのリザーブ選手の候補としてその名前が上がっている。果たしてラビーンは、チームが本拠とするシカゴで開催される祭典に出場できるのだろうか。

関連タグ

チーム

  • ブルズ

選手

  • Zach LaVine

キーワード

  • ニュース全般
  • NBAオールスター
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 初のオールスター出場に自信を示すブルズのザック・ラビーン「自分はオールスター選手」