ウィザーズのジョーダン・マクレイ、好調のチームメイトを絶賛「彼のプレイはいつ見てもエキサイティング」

現地1月6日に行われたボストン・セルティックスとワシントン・ウィザーズの一戦は、ホームのウィザーズが99-94で勝利した。チーム最多となる38分間プレイし、19得点、7リバウンドと活躍したジョーダン・マクレイが、試合後のインタビューでチームの状況や、好調を維持するイシュ・スミスについて語った。 ――今日のセルティックス戦を含め、ナゲッツ、ヒートといった強豪相手に勝利できたのは自信になった? マクレイ:チームとして常に自信は持っている。ただ上位チームに勝利できたのは、チーム、選手全員にとって大きな意味を持つと思う。 ――ここ最近好調のイシュ・スミスについてはどう思う? マクレイ:イシュは彼らしいプレイをしているよ。司令塔として、そしてリーダーとして僕らを引っ張っている。 ――彼のペネトレーションは相手ディフェンスにどんな影響を与える? マクレイ:彼の敵にはなりたくないね。特にビッグマンは嫌なんじゃないかな。彼のようなスピードとハンドリング能力を持っている選手は、相手にとって厄介だと思うよ。彼が仕掛けることで僕らは自信を持ってシュートを打てるから、相手チームに迷いを与える。イシュを止めるのか、僕らを守るのかね。 ――守備が良くなっているように見えるが、その要因は? マクレイ:試合を通して、とにかく集中していた。今シーズンは自らミスを犯し、相手にチャンスを与える回数が多かった。ただここ数試合においては、コーチたちが求めていることをしっかりできている。 ――ファンがイシュに向けてMVPのチャントをしていたね。 マクレイ:あれはクールだったよ(笑)。あのうようにチャントされるのを誰でも一度は夢見るものさ。イシュも「キャピタルワン・アリーナ全体が『MVP』と声を上げていた」と自分の子どもに永遠と語ることができるね。 ――イシュのプレイにベンチは興奮気味だったね。 マクレイ:彼のプレイはいつ見てもエキサイティングだ。スター選手と言えるほど有名ではないかもしれないけど、彼のスピード、ボールハンドリング能力はリーグ最高峰のポイントガードと比較しても全く遜色がない。 ――試合終盤、何度もセルティックスはスコアリングランを展開してきたが、チームはリードは許さなかった。 マクレイ:僕らはチームとして成長している。シーズン序盤には持ち堪えることはできなかったと思う。ここ数試合は強豪たちのスコアリングランに対しても上手く対処し、辛抱強く戦えているね。 ――あなたは2ウェイ契約で成功した選手の1人ですが、この2ウェイ契約がもたらすものは? マクレイ:選手にとっては素晴らしいチャンスだ。NBAでは怪我も多いから、機会を得たらハードにプレイして可能性を広げる。とにかく努力することが大事で、ギャリソン(マシューズ)も、AP(アンジェス・パセツニクス)も良くやっていると思う。彼らはすべてを出し切っているよ。

関連タグ

チーム

  • ウィザーズ

選手

  • ジョーダン マクレイ

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ウィザーズのジョーダン・マクレイ、好調のチームメイトを絶賛「彼のプレイはいつ見てもエキサイティング」