NBAが前コミッショナーのデイビッド・スターン氏の功績を称え、喪章を着用

脳出血のため現地1月1日に死去した前NBAコミッショナーのデイビット・スターン氏の功績を称えるため、プレイヤーとレフェリーの全員が喪章を着用する。喪章は選手やレフェリーのユニフォームにあしらわれ、プレイオフやファイナルを含む今季残り全試合で着用される予定だと、NBAが現地3日に発表した。 現コミッショナーであるアダム・シルバー氏は、1日に公表した声明文でスターン氏について、「30年にわたりNBAをグローバルブランドへと成長させた彼は、スポーツ界における最も偉大なコミッショナーの1人だったというだけでなく、彼の世代における最も影響力のあるビジネスリーダーの1人であった」と述べている。 『ESPN』が、NBAはスターン氏の在籍中に世界で最も人気のあるスポーツリーグの1つへと発展し、そのテレビ収入は年間1,000万ドル(約11億円)から9億ドル(973億ドル)まで増加したと報じていることから、彼がリーグにとってどれほど偉大な存在であったかが分かるだろう。

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. NBAが前コミッショナーのデイビッド・スターン氏の功績を称え、喪章を着用