ヒートのジミー・バトラーがジョーダンブランドとの契約を打ち切り

マイアミ・ヒートのジミー・バトラーが、ジョーダンブランドとのシューズ&アパレル契約を打ち切った模様だ。バトラーの本来の契約は2020年9月30日までだったが、それより10ヶ月前の段階で両者は袂を分かったと『ESPN』は報じている。 現在バトラーは、シューズとアパレル契約においてフリーエージェントであり、複数のメーカーと交渉中と考えられる。『ESPN』はその候補として、近年バスケットボール部門に力を入れているプーマやニューバランス、ドウェイン・ウェイド(元マイアミ・ヒートほか)の引退によって、新しい看板選手を必要としている中国メーカーのリーニンらを候補に挙げている。 バトラーは、シカゴ・ブルズに在籍していたルーキー時代の2011年にアディダスと契約。そこから3シーズン後、金額の大幅ダウンを受け入れてジョーダンブランドと契約し、関係が続いていた。 なお、現地1月2日のトロント・ラプターズ戦では、ジョーダンブランドの『AIR JORDAN 31 LOW』を着用していた。 オフにサイン&トレードでフィラデルフィア・76ersからヒートへと加入したバトラーは、今シーズンここまで29試合出場、1試合平均20.8得点、6.6リバウンド、6.6アシストの成績で、チームの躍進に大きく貢献している。

関連タグ

選手

  • Jimmy Butler

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ヒートのジミー・バトラーがジョーダンブランドとの契約を打ち切り