ニックスがカール・アンソニー・タウンズの獲得に関心か

ニューヨーク・ニックスが、ミネソタ・ティンバーウルブズのカール・アンソニー・タウンズをトレードで獲得しようと考えていると、『The New York Post』のマーク・バーマン記者が報じた。 バーマン記者は「情報筋によると、ニックスが地元ニューヨーク出身のタウンズの獲得を画策しているようだ。24歳のタウンズは、昨夏マックス契約でウルブズと契約延長したばかりだ。だが、これまでにカイリー・アービング、ケビン・デュラント、ケンバ・ウォーカー、カワイ・レナードといった大物選手の獲得に相次いで失敗したニックスが、タウンズに興味を示すのは当然の流れだろう」とリポートしている。 今シーズン、タウンズが所属するウルブズは素晴らしい開幕ダッシュを見せたが、12月に入ってから11連敗を喫して現地12月25日の時点でウェスタン・カンファレンスの13位にまで順位を落としている。 タウンズは、現在は膝の捻挫により長期欠場中だが、今シーズンは1試合平均26.5得点、11.7リバウンド、4.4アシスト、1.3ブロックという素晴らしい数字をマークしている。 低迷中のニックスとしては、タウンズというフランチャイズ・プレイヤーを獲得して再浮上のきっかけとしたいところであろう。だが、タウンズ絡みのトレードを成立させることは簡単ではない。昨年、タウンズはウルブズと5年1億9000万ドル(約210億円)というスーパーMAX延長契約を結んでいるからだ。 もしタウンズ絡みのトレードが成立するとすれば、今夏にロサンゼルス・クリッパーズに移籍したポール・ジョージがやったように、タウンズがウルブズ側に直接トレードを懇願した場合だろう。

関連タグ

チーム

  • ニックス
  • ティンバーウルブズ

選手

  • Karl-Anthony Towns

キーワード

  • 移籍・トレード
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ニックスがカール・アンソニー・タウンズの獲得に関心か