ドワイト・ハワードが復帰間近か?!

ワシントン・ウィザーズが今オフに獲得した大物選手が、遂にデビューを飾りそうだ。 The Athleticのシャムス・シャラニア記者によると、ドワイト・ハワードのウィザーズ移籍初戦は、現地11月2日の対オクラホマシティー・サンダー戦になるようだ。 ハワードは、トレーニングキャンプを全休した他、エキシビジョンゲームを含むウィザーズの全ての試合を欠場中だ。ウィザーズは現地10月30日の対メンフィス・グリズリーズ戦を95対107で落とし、今シーズンここまでの成績を1勝6敗としている。ディフェンスが課題と見られているウィザーズは、1試合平均のリバウンドでリーグ27位(41.3リバウンド)、対戦相手のフィールドゴール成功率でリーグ21位(47%)、ディフェンス・レーティングでリーグ26位(114.1)、対戦相手のエフェクティブ・フィールドゴール成功率でリーグ23位(54%)にランクしている状況だ。 ハワードに代わって開幕から先発を務めているベテランのイアン・マヒンミは、今シーズン1試合平均16.8分間の出場で平均4.5得点4.2リバウンドという成績を残している。その他、ウィザーズは、同じくベテランのジェイソン・スミスと、若手のトーマス・ブライアントらでセンターのローテーションを回している。 シーズン開幕前に、ウィザーズのスコット・ブルックスHC(ヘッドコーチ)は、「ハワードの復帰は迫っているが、まだ試合に出られる段階ではない」と語っていた。 シャーロット・ホーネッツでプレーした昨シーズン、ハワードはレギュラーシーズンの全82試合中81試合に出場した。欠場した1試合も、怪我によるものではなく、出場停止による欠場だった。 昨シーズン、久々に全盛期の輝きを取り戻したハワードは、平均リバウンド数でリーグ3位(12.5リバウンド)、ダブルダブルの数でリーグ4位(53回)、平均ブロック数でリーグ9位(1.6ブロック)、フィールドゴール成功率でリーグ11位(55.5%)という活躍を見せている。

関連タグ

チーム

  • ウィザーズ

選手

  • Dwight Howard

キーワード

  • 怪我
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ドワイト・ハワードが復帰間近か?!