ジェームズ・ハーデンが通算アシスト数でロケッツ歴代1位に浮上

ヒューストン・ロケッツのジェームズ・ハーデンが、通算アシスト数でカルビン・マーフィーの記録を抜いて球団歴代1位に浮上した。ハーデンのアシスト記録について、『NBA.com』は以下のようにリポートしている。 6シーズン連続で1試合平均7アシスト以上を記録しているハーデンが(今シーズンは平均7.5アシスト)、現地12月19日のロサンゼルス・クリッパーズ戦でロケッツの球団記録を塗り替えた。試合開始から5分が経過した場面で、その試合の最初のアシストパスでクリント・カペラのダンクを演出したハーデンは、ロケッツでの通算4403本目のアシストを記録して、ロケッツのレジェンド選手のカルビン・マーフィーの記録を抜いて球団歴代1位に浮上した。 今シーズン、ハーデンは1試合平均37.7分間の出場で平均38.5得点、5.8リバウンド、7.5アシスト、フィールドゴール成功率44.5%、3ポイントシュート成功率36.2%、フリースロー成功率87.9%という成績を記録中だ。 『Basketball Reference』によると、2009年のNBAドラフト1巡目全体3位指名でオクラホマシティ・サンダーにドラフトされ、2012-13シーズンからロケッツでプレイしているハーデンは、これまでのキャリア通算で4954アシストを記録している。2016-17シーズン以降、ハーデンはリーグトップの1試合平均11.2アシストを記録中だ。

関連タグ

チーム

  • ロケッツ

選手

  • James Harden

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ジェームズ・ハーデンが通算アシスト数でロケッツ歴代1位に浮上