クリス・ポールがチームメイトにテーラーメイドのスーツをプレゼント

現地12月18日、オクラホマシティ・サンダーの選手全員がお洒落なスーツ姿で試合会場に現れた。彼らが着ていたテーラーメイドのスーツは、全てクリス・ポールにプレゼントされたものだ。 ポールは、当時クリーブランド・キャバリアーズに在籍していたレブロン・ジェームズが2018年のプレイオフでチームメイト全員にテーラーメイドのスーツをプレゼントした時と同じように、同じ日に全員がスーツを着用する『スーツ・ナイト』を企画したのだ。 今シーズンに入って、サンダーの選手たちは数日間かけてテーラーで採寸し、この日のための特別なスーツを作った。中でも目を引いたのは、2013年のNBAドラフトと2016年のラッセル・ウェストブルックのMVP授賞式以来となるスーツ姿を披露したスティーブン・アダムズだ。 アダムズのスーツについて、『ESPN』のロイス・ヤング記者は以下のようにリポートしている。 この日の試合会場に、アダムズは青色のスリーピース・スーツに茶色の鳥打ち帽を被って現れた。アダムズは「スーツを着るのは、ウェストブルックのMVP授賞式が最後だと思っていた。だが、ポールに『このスーツを着て試合会場に来い。これはチームの行事だ』と言われたんだ。それを聞いて、俺は『なんてこった。これを着なきゃいけないのかよ』と思ったよ。テーラーメイドのスーツを作るのも大変な作業だった。たくさんのボタンや生地の中から自分用の物をチョイスしないといけなかったから、とても時間がかかった。どれぐらい時間がかかったかは覚えていないけど、『なんて大変な作業なんだ!』と思ったよ。特に、俺のスーツはスリーピースだったから、選ぶアイテムが多かったんだ。だけど、それらのアイテムは全てイタリア製の極上品さ」と、長かったスーツ作りの工程について語った。 スーツは全てポールからのプレゼントだが、鳥打ち帽はアダムズが個人的に買ったものだ。アダムズはNetflixで配信されている『Peaky Blinders』の大ファンで、いつか鳥打ち帽を被ってみたいと思っていたという。 この日の着こなしについて、アダムズは「スーツを着ることが決まって、俺は『鳥打ち帽を被るのは今しかない!』と思ったんだ」とコメントしている。 しかし、今後再びスーツを着る可能性について聞かれたアダムズは「それは、たぶん俺の葬式だよ」と答えている。

関連タグ

チーム

  • サンダー

選手

  • Chris Paul

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. クリス・ポールがチームメイトにテーラーメイドのスーツをプレゼント