キャバリアーズがタロン・ルーHCを解雇!!

クリーブランド・キャバリアーズがタロン・ルーHC(ヘッドコーチ)を解雇し、アソシエイト・ヘッドコーチを務めていたラリー・ドリュー氏を暫定ヘッドコーチに任命したと、キャバリアーズのコビー・アルトマンGM(ゼネラルマネージャー)が発表した。 アルトマン氏は、今回の人事について以下のようにコメントしている。 「非常に難しい決断だった。4年連続でNBAファイナルに進出したルーHCのこれまでの4年間の功績を考えれば、尚更だ。我々は、コーチとしてだけでなく人としてタイ(ルー)のことを尊敬している。2016年にキャバリアーズに初優勝をもたらしてくれた彼の功績に感謝したい。(エースのレブロン・ジェームズが去って)チームが大きく変わった今、我々には新たなコーチによる変革が必要なのだ。」 ルー氏は、2014年6月に、アソシエイト・ヘッドコーチとしてキャバリアーズのコーチング・スタッフに加わった。彼は、2016年1月にヘッドコーチに昇格し、球団史上20人目のヘッドコーチとなった。キャバリアーズのヘッドコーチとして、彼は、レギュラーシーズン128勝83敗(勝率6割6厘)、プレーオフ41勝20敗(勝率6割7分2厘)という成績を残した。 ドリュー氏は、2016年9月にキャバリアーズのアソシエイト・ヘッドコーチに就任した。彼は、2014年から2016年までキャバリアーズのアシスタント・コーチを務めており、その間の2015-16シーズンにNBAチャンピオンも経験している。 キャバリアーズのコーチング・スタッフに加わる前の2013-14シーズン、ドリュー氏はミルウォーキー・バックスでヘッドコーチをしていた。更にその前の2010年から2013年までは、彼はアトランタ・ホークスのヘッドコーチを務めていた。ホークスのヘッドコーチとして、彼は3シーズンで128勝102敗(勝率5割5分7厘)という成績を残し、3年連続でチームをプレーオフに導いた。

関連タグ

チーム

  • キャバリアーズ

キーワード

  • ニュース全般
  • タロン・ルーHC
  • 解雇
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. キャバリアーズがタロン・ルーHCを解雇!!