ネッツがイマン・シャンパートを解雇

ブルックリン・ネッツが11月に契約を結んだイマン・シャンパートをウェイブ(解雇)した。 『The Athletics』のシャムズ・シャラニア記者がニュースを報じたのち、チーム側もこの事実を認めている。今回の解雇は、反薬物プログラム違反で25試合の出場停止処分を受けているウィルソン・チャンドラーの復帰が迫っていることが理由のようだ。 シャンパートは控えとしてネッツで13試合に出場し、平均18.5分、4.2得点、2.6リバウンドを記録していた。 ネッツはチームのスターであるカイリー・アービングが肩の怪我で直近13試合を欠場。親指を手術したキャリス・ルバートも11月中旬以降戦線を離れてるが、全治4〜6週間のルバートは順調に回復しているとケニー・アトキンソンHCは語っている。 アービングとルバートが不在の間は、スペンサー・ディンウィディーが目覚ましい活躍を続けており、最近13試合中11試合で20得点以上をマークしている。

関連タグ

チーム

  • ネッツ

選手

  • Iman Shumpert

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ネッツがイマン・シャンパートを解雇