ディオンテ・バートンに1試合の出場停止処分

オクラホマシティ・サンダーが、ガードのディオンテ・バートンを1試合の出場停止処分にした。サンダーによると、バートンはチームにとって有害な行動をしたため出場停止処分を受けたそうだ。 バートンの出場停止処分は、現地12月6日にチェサピーク・エナジー・アリーナで行われるミネソタ・ティンバーウルブズ戦に適用される。 ウィスコンシン州ミルウォーキー生まれで、マーケット大学とアイオワ・ステイト大学でプレイしたバートンは、2017年のNBAドラフトにエントリーしたが指名されず。2017-18シーズンは韓国のリーグでプレイした。バートンは2018年にサンダーに加入するも、NBAには定着しておらず、サンダーとオクラホマシティ・ブルー(NBA Gリーグ)を行き来している。 バートンは2シーズンのNBAキャリアで通算44試合に出場し、1試合平均2.6得点、1.1リバウンド、0.3アシスト、フィールドゴール成功率40%、3ポイントシュート成功率29.5%、フリースロー成功率68.8%という成績を残している。 今シーズン、バートンは12試合に出場して1試合平均2.8得点、1.8リバウンド、0.3アシスト、フィールドゴール成功率39.4%、3ポイントシュート成功率29.4%、フリースロー成功率75%を記録していた。

関連タグ

チーム

  • サンダー

選手

  • ディオンテ バートン

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ディオンテ・バートンに1試合の出場停止処分