ウォリアーズのグリーン、背番号23が母校ミシガン州立大の永久欠番に

現地3日、ミシガン州立大でゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンが着けていた背番号23の永久欠番セレモニーが実施された。 同大在学中、グリーンは所属するBIG10カンファレンスのレギュラーシーズン優勝を3度経験。また、NCAAトーナメントで4強入りとなるファイナル4進出を2度達成した。2012年には全米コーチ協会(NABC)の選出する年間最優秀選手賞を受賞するなど、個人・チームの両方で輝かしい実績を残している。 また、通算リバウンド数はミシガン州立大の歴代1位(1,096)、スティール数は歴代2位(180)、ブロック数は歴代6位(117)、得点は歴代18位(1,517)にそれぞれランクイン。通算アシストは、あと27でトップ10入りを果たすところだった。 全米屈指の名門校である同大で永久欠番となったのは、グリーンで10人目。他にマジックの愛称で知られるマジック・ジョンソン(背番号33)を筆頭にスコット・スカイルズ(4)、スティーブ・スミス(21)、モリス・ピーターソン(42)などNBAで活躍した名選手たちが含まれている。 ちなみにウォリアーズでは、チームメイトのクレイ・トンプソンが、来年1月18日に母校ワシントン州立大で彼の背番号1の永久欠番セレモニーが行われる予定だ。

関連タグ

選手

  • Draymond Green

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ウォリアーズのグリーン、背番号23が母校ミシガン州立大の永久欠番に