大きな役割を果たしているスターリング・ブラウンのスタッツをチェック

約1ヶ月前の現地10月26日の試合で、ミルウォーキー・バックスのスターリング・ブラウンはオーバータイム終盤の重要な時間でコートに立っていた。 123-123の同点の場面で、ブラウンは、フリースローを試投するマイアミ・ヒートのバム・アデバヨに向かって何かを叫び、アデバヨの気を逸らそうとした。ブラウンの作戦は失敗に終わり、アデバヨは2本ともフリースローを成功させたが、そのシーンからもブラウンの勝利に対する熱い思いが感じられた。 さらに、その次のプレイでチームメイトのジョージ・ヒルにオフェンシブ・ファールがコールされると、ブラウンは激しく悔しがった。彼は、とにかく勝利に貪欲なのだ。 今シーズンの最初の4試合で、ブラウンは合計5分間しか出場できなかった。しかし、彼は目立たない部分で堅実にチームに貢献し、勝利に貢献してきた。 バックスが8連勝をしている間、ブラウンは1試合平均18分間以上プレイしており、彼がコートに立っている間はバックスは合計で75点リードしている。ネット・レーティングでNBA1位にランクしていることからも、ブラウンの貢献度の高さは明らかだ。 ・ネット・レーティングのNBAランキング 1位:スターリング・ブラウン 19.5 2位:ドンテ・ディビンチェンゾ 17 3位:ポール・ミルサップ 15.8 4位:ウィル・バートン 15.4 また、ブラウンはスティールやブロックといった代表的なディフェンス・スタッツでは目立たないが、ディフェンシブ・レーティングではNBA1位にランクしている。 ・ディフェンシブ・レーティングのNBAランキング 1位:スターリング・ブラウン 92.4 2位:ジョエル・エンビード 93.7 3位:ダニエル・タイス 94.5 4位:ドンテ・ディビンチェンゾ 94.9 3選手の組み合わせの数値でも、ブラウンはNBA1位に入っている。 ・3選手の組み合わせに関するNBAランキング 1位:ヤニス・アデトクンボ、スターリング・ブラウン、ドンテ・ディビンチェンゾ 68.6 2位:ジョージ・ヒル、スターリング・ブラウン、ドンテ・ディビンチェンゾ 53.4 3位:ティム・ハーダウェイJr.、デロン・ライト、ボバン・マリヤノビッチ 51 4位:レブロン・ジェームズ、ドワイト・ハワード、クイン・クック 50.2 昨シーズン、オフェンス面がブラウンの課題であることが浮き彫りになったが、今シーズンここまでのところ、彼は3ポイントシュートを決めることでフロアを広げることに貢献している。8連勝の間、ブラウンは3ポイントシュートを29本中12本決めている(成功率41.4%)。 今後、ブラウンがアデトクンボと一緒に試合の重要な局面を任される可能性も十分に考えられる。

関連タグ

チーム

  • バックス

選手

  • Sterling Brown

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 大きな役割を果たしているスターリング・ブラウンのスタッツをチェック