足首を負傷したブーチェビッチに1カ月離脱の可能性

オーランド・マジックのオールスターセンター、ニコラ・ブーチェビッチが右足首の捻挫と診断され、7〜10日後に再度検査を受ける。 『The Athletic』のシャムス・シャラニア記者は、今回の怪我でブーチェビッチは1カ月戦線を離れることになるだろうと伝えている。現在6勝8敗のマジックは、現地20日のトロント・ラプターズ戦で敗戦を喫し、今季のアウェイゲームでの戦績が0勝5敗となった。 マジックはラプターズ戦の第2クォーターにブーチェビッチとアーロン・ゴードンが足首を負傷。ロッカールームに退く際に前者は松葉杖を2本、後者は1本使用していた。 ブーチェビッチは今季、平均17.1得点、11.6リバウンド、3.5アシストをマークしており、昨季は平均20.8得点、12.0リバウンド、3.8アシストの成績で自身初のオールスター出場を果たした。 第4週のイースタンカンファレンス週間MVPに選出される活躍を見せていたブーチェビッチだったが、ラプターズのノーマン・パウエルのドライブを防ごうとした第2クォーター残り5分29秒の場面で怪我を発症。ブーチェビッチは怪我について、「体重をかけるのも難しいほど痛みがあった」と語っている。 ブーチェビッチの穴を埋めるのは2年目のモー・バンバ、3年目のケム・バーチとなるが、スティーブ・クリフォードHCは「チームのベストプレイヤーを失ったのだから、十分な戦力を持っているとは言えないね」とオールスターセンターの離脱を嘆いた。

関連タグ

チーム

  • マジック

選手

  • Nikola Vucevic

キーワード

  • 怪我
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 足首を負傷したブーチェビッチに1カ月離脱の可能性