バックスが長身PFベンダーを再びコールアップ

ミルウォーキー・バックスは、Gリーグのウィスコンシン・ハードから身長216cmのビッグマンであるドラガン・ベンダーをコールアップした。 ボスニア・ヘルツェゴビナで生まれ、クロアチアで育ったベンダーは、2016年のドラフト1巡目4位でフェニックス・サンズ入り。2年目の2017-18シーズンは主にセカンドユニットの一員として全82試合に出場し、平均6.5得点、4.4リバウンド、1.6アシストをマークした。しかし昨季は伸び悩み、オフにバックスと2年契約(1年目は部分保証、2年目は無保証)を結んだ。 今季はここまで12試合でインアクティブ扱い。15日にウィスコンシン・ハード行きとなり、すでに3度のアサインを経験するなどNBAとGリーグを行ったり来たりしているが、再びコールアップされた。 Gリーグでは4試合すべてで先発し、平均21.5得点、9.8リバウンド、3ポイントシュート成功率39.1%を記録。直近のラプターズ905戦では26得点、14リバウンド、4アシスト、2ブロックで115-109の勝利に貢献していた。 パワーフォワードはエースのヤニス・アデトクンボ、トルコ出身のアーサン・イリャソワとその壁は高いが、ベンダーは移籍後初出場を勝ち取れるだろうか。

関連タグ

チーム

  • バックス

選手

  • Dragan Bender

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. バックスが長身PFベンダーを再びコールアップ