ネッツ、レビーCEOが退任へ

ブルックリン・ネッツと本拠地バークレイセンターは、デイビッド・レビーCEOが去ることについて合意に至ったと発表した。大手放送局ターナーに30年以上在籍していたレビーは就任からわずか2ヶ月以内での退任となった。そしてオリバー・ウェイスバーグが両組織の暫定CEOに就任している。ウェイスバーグは、ネッツの新オーナーであるジョセフ・ツェイが代表を務めるJツァイスポーツのCEOとネッツの副代表を務めている。 ウェイスバーグが以下の声明を発表している。「デビットの過去数カ月に及ぶ協力に感謝したい。そして、彼の今後の取り組みが成功することを祈っている。私たちの組織が次の章に突入することに興奮している。これはオーナーシップとマネージメントが、完全に一体となって前に進むために重要なことだ。私たちはショーン・マークスGM、ケニー・アトキンソンHCのリーダーシップによるブルックリン・ネッツの文化を誇りに思っている。そして、この体制がファンに最善の体験を継続してもたらすと楽しみにしている」

関連タグ

チーム

  • ネッツ

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ネッツ、レビーCEOが退任へ