バスケットボールゲーム『NBA2K20』内のスニーカーが、現実世界で購入可能に

大人気NBAバスケットボール・ゲーム『NBA2K20』に、ゲーム用に特注されたナイキのスニーカーを購入できる新たなモードが加わった。『マイプレイヤー・ネイション』と名付けられたそのモードは、ゲームを開発した2Kとナイキが共同して作成された。 『マイプレイヤー・ネイション』でユーザーはチームをひとつ選択し、実際のNBAと同じスケジュールが組まれた2019-20シーズンをプレイする。そのシーズン中にナイキは、ゲーム内のとある目標を達成することでアンロックすることができる10種のスニーカーを発売。ユーザーはナイキのモバイルアプリ『SNKRS』にて2Kとナイキのアカウントをリンクさせることで、アンロックされたスニーカーを現実世界で購入することができるようになる。 現時点で現実世界のスニーカーを購入できるのはアメリカのユーザーのみとなるが、世界中のユーザーはゲーム内の通貨を使用してバーチャル版のスニーカーを自身のアバターに着用させることができる。 最初のスニーカーとして10月29日に発売されるパープルカラーの「レブロン17」には、2Kのロゴと『NBA2K20』の公式キャッチフレーズ「Welcome to the Next」がデザインされている。スニーカーをアンロックするには、レブロン・ジェームズのレーティング(97)を超えるべく、ゲーム内アバターのレーティングを98にするのが条件となる。 ナイキがビデオゲーム専用のスニーカーを作成するのは、今回のパートナーシップが初めて。ナイキは以前よりデジタル世界と現実世界を繋げるより良い方法を模索しており、その一環として近年ではロサンゼルスとニューヨークにナイキ・ライブコンセプト・ストアをオープンしている。

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  • NBA2K
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. バスケットボールゲーム『NBA2K20』内のスニーカーが、現実世界で購入可能に