鮮烈デビューのPJ・ワシントン「勝てて最高の気分」

シャーロット・ホーネッツは、現地23日のシーズン開幕戦でシカゴ・ブルズに126対125と競り勝った。この試合、勝利をもたらすヒーローとなったのが新人のPJ・ワシントンでNBAデビュー戦での3ポイントシュート7本成功はリーグ新記録となる大暴れだった。また、デビュー戦での27得点も2002年10月30日(当時グリズリーズのゴーダン・ギリセックが挙げた29得点)以来では最多となっている。 今年のドラフト全体12位指名のワシントンは、鮮烈デビューとなった試合について語る。「ホームでプレイし、勝利をつかむことができて最高の気分だ。みんなが良いプレイをし、チーム一丸となれた。僕たちは恐れを知らないし、ただ勝ちたいだけ。この試合では勝利を相手より欲していることを示した。しっかりコミュニケーションをとって、攻守の両方でプッシュすることができた」 そしてジェームズ・ボレーゴHCは、「みんなに彼は、リーグに2年間いたような感じと前に話した」とワシントンについて試合後に語り、こう賞賛している。 「彼はファンタスティックだ。とても落ち着いた若者で、伸びしろしかない。今後も成長を続けていくのが彼の仕事だ。これから毎試合、違うディフェンスと対峙することになる。ただ、彼の振る舞い、決断力については現時点でとても成熟しているところを見ている」

関連タグ

チーム

  • ホーネッツ

選手

  • PJ ワシントン

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 鮮烈デビューのPJ・ワシントン「勝てて最高の気分」