ブルズがマックス・ストゥルースと2WAY契約

シカゴ・ブルズが、ガードのマックス・ストゥルースと2WAY契約を結んだ。チームの規約に則り、契約の詳細は明かされていない。 ストゥルースは、今年のNBAドラフトでは指名を受けることができなかったが、プレシーズンの間にボストン・セルティックスと契約を結ぶことに成功していた。彼はプレシーズン・ゲームの4試合に出場し、1試合平均14.6分間のプレイで平均5得点、2リバウンド、1.5アシストを記録したが、そのあとにセルティックスから解雇された。 イリノイ州ヒッコリー・ヒルズ出身のストゥルースは、大学2年生までルイス大でプレイしたのちに、デポール大に編入した。彼は、3ポイントシュート成功数(113本)と3ポイントシュート試投数(311本)でデポール大のシーズン記録の歴代1位となる数字を残し、総得点(705得点)でも同大学の歴代3位にランクしている。彼は、大学時代に29試合連続で二桁得点を記録し、BIG EAST週間最優秀選手に3度選ばれる活躍を見せた。彼がデポール大時代に記録した1試合平均18.6得点という数字は、同大学の歴代4位の記録だ。 ストゥルースは、ブルズで背番号28番を着用する予定だ。 NBAのルールでは、各チームはレギュラーシーズン・ロスターの15名以外に、2WAY契約選手を2名までロスターに入れることができる。ブルズの2WAY契約選手は、主に傘下のGリーグ・チーム「ウィンディー・シティ・ブルズ」でプレイすることになるが、シーズン中に最大45日まではNBAチーム側のロスターに入ることができる。Gリーグ・チームのトレーニング・キャンプが始まる前と、Gリーグのシーズンが終わった後は、45日のカウントには含まれない。

関連タグ

チーム

  • ブルズ

キーワード

  • ニュース全般
  • 2WAY契約
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ブルズがマックス・ストゥルースと2WAY契約