ザイオン・ウィリアムソンが膝の手術により6〜8週間の戦線離脱

今年のNBAドラフト1巡目全体1位指名でニューオリンズ・ペリカンズに入団したザイオン・ウィリアムソンが、右膝外側半月板の損傷を修復する手術を受けたため、6〜8週間の欠場になることが分かった。 現地10月21日、ペリカンズはウィリアムソンの欠場について以下のように発表している。 「ザイオン・ウィリアムソンが右膝外側半月板の損傷を修復するために関節鏡視下手術を受けました。この手術は、チームの外科医のミスティ・スリ医師がアシスタントを務め、ジェイソン・フォーク医師が執刀しました。ウィリアムソンの完全復帰には6〜8週間かかると見られています」 ウィリアムソンは今年のプレシーズン・ゲームで1試合平均27.3分間プレイして23.3得点、6.5リバウンドという圧巻のパフォーマンスを見せていたが、現地10月13日のサンアントニオ・スパーズ戦の最中に膝を負傷し、プレシーズン・ゲーム最終戦のニューヨーク・ニックス戦を欠場していた。 19歳のウィリアムソンは、1シーズンだけプレイしたデューク大時代に1試合平均22.6得点、8.9リバウンド、2.1スティール、1.8ブロックという圧倒的な活躍を見せた。 彼は、プロ入り1年目ながらロンゾ・ボール、ドリュー・ホリデー、ブランドン・イングラム、デリック・フェイバーズらと共にペリカンズの先発を任される予定だ。 ウィリアムソンが復帰するまでは、イタリア出身のニコロ・メッリが代役を務めることになるだろう。 ペリカンズのレギュラーシーズン開幕戦は現地10月22日のトロント・ラプターズ戦だ。

関連タグ

チーム

  • ペリカンズ

選手

  • ザイオン ウイリアムソン

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ザイオン・ウィリアムソンが膝の手術により6〜8週間の戦線離脱