ユタ・ジャズがジョー・イングルズと契約延長

現地10月21日、ユタ・ジャズがフォワードのジョー・イングルズと契約延長したと発表した。チームの規約に則り、契約の詳細は明かされていない。 ジャズのジャスティン・ザニックGM(ゼネラルマネージャー)は「シュート、プレイメイク、アンセルフィッシュさ、といった様々な面で、ジョーはチームのアイデンティティーを象徴している。チームにとって不可欠な人間性やリーダーシップを持つジョーをキープできて、我々は非常に嬉しく思っている」とコメントしている。 NBAデビューからジャズ一筋で6シーズン目を迎えるイングルズは、NBAキャリア通算で406試合に出場し(うち223試合に先発)、平均8得点、3.4アシスト、3.1リバウンド、1スティールという成績を残している。彼は、2015-16シーズンから304試合連続で試合に出場している。これは、NBAの現役選手の中で最長の記録だ。 オーストラリアのアデレード出身のイングルズは、3ポイントシュート成功数で球団歴代3位(669本)、1シーズンの3ポイントシュート成功数で球団歴代1位(204本/2017-18シーズン)と2位(189本/2018-19シーズン)にランクしている。通算650本以上の3ポイントシュートを40%以上の成功率で決めた選手は、現役選手ではイングルズを含めて7名しかいない(イングルズ、カイル・コーバー、ステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、JJ・レディック、ダニー・グリーン、CJ・マッカラム)。 18歳の時にオーストラリアのリーグでプロデビューしたイングルズは、スペインやイスラエルでもプレイした経験を持ち、オーストラリア代表として3度のFIBAワールドカップ(2019年、2014年、2010年)と3度のオリンピック(2016年、2012年、2008年)を経験している。 2013-14シーズン、イングルズはマッカビ・テルアビブの選手としてユーロリーグの優勝も経験している。彼は、2010年から2013年にかけてヨーロッパの名門FCバルセロナでもプレイしたことがあり、2009-10シーズンにはスペイン・リーグのCB・グラナダで34試合に出場して1試合平均11得点、4.1リバウンドという成績を残した。

関連タグ

チーム

  • ジャズ

選手

  • Joe Ingles

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ユタ・ジャズがジョー・イングルズと契約延長