トーリアン・プリンスとネッツが複数年の契約延長で合意

現地10月21日、ブルックリン・ネッツがフォワードのトーリアン・プリンスと複数年の延長契約を結んだ。チームの規約に則り、契約の詳細は明かされていない。 プリンスは、7月6日(現地時間)のトレードでアトランタ・ホークスからネッツに移籍した。ネッツの選手としてプレイした今年のプレシーズン・ゲームの5試合で、プリンスは1試合平均22.4分間の出場で平均16.8得点(チームハイ)、3.3リバウンド、1.3アシスト、フィールドゴール成功率63.2%(38本中24本成功)、3ポイントシュート成功率69.6%(23本中16本成功)という成績を残している。 ベイラー大学出身のプリンスは、ホークスでの3シーズンで合計196試合に出場し(うち139試合に先発)、1試合平均25.5分間のプレイで平均11.4得点、3.8リバウンド、2アシストを記録している。 ルーキーの年に、プリンスは59試合に出場し(うち10試合に先発)、1試合平均16.6分間のプレイで平均5.7得点、2.7リバウンドを記録した。2年目になると、彼は出場した82試合全てで先発を務め、1試合平均30分間のプレイで平均14.1得点、4.7リバウンド、2.6アシスト、1スティールと、ほとんどの分野で成績を伸ばした。この年に、彼はNBAオールスター・ウィークエンドのライジング・スターズ・チャレンジのチームUSAに選出されている。 続く2018-19シーズン、25歳のプリンスは55試合に出場し(うち47試合に先発)、1試合平均28.2分間のプレイで平均13.5得点、3.6リバウンド、2.1アシスト、1スティールを記録した。 2016年のNBAドラフト1巡目全体12位でユタ・ジャズに指名されたプリンスは、2016年7月7日(現地時間)の三角トレードでホークスに移籍した。テキサス州出身のプリンスは、ベイラー大学でプレイした4年間で、オール・ビッグ12・ファーストチーム(大学4年生時)と、ビッグ12・シックスマン賞(大学3年生時)に選出されている。

関連タグ

チーム

  • ホークス

選手

  • Taurean Prince

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. トーリアン・プリンスとネッツが複数年の契約延長で合意