サンダーがテレンス・ファーガソンとシェイ・ギルジャス・アレクサンダーの契約オプションを行使

オクラホマシティ・サンダーのサム・プレスティGM(ゼネラルマネージャー)兼エグゼクティブ・バイス・プレジデントが、テレンス・ファーガソンの4年目の契約と、シェイ・ギルジャス・アレクサンダーの3年目の契約のチーム・オプションを行使したと発表した。 2017年のNBAドラフト1巡目全体21位でサンダーに入団したファーガソンは、これまでに135試合に出場して(うち86試合に先発)、1試合平均20分間のプレイで平均5.2得点、1.4リバウンド、3ポイントシュート成功率35.6%という成績を残している。2018-19シーズンに、ファーガソンは出場した74試合全てに先発し、今年1月にはチームトップの3ポイントシュート成功率を記録した(47.9%)。 2018年1月3日(現地時間)のロサンゼルス・レイカーズ戦でNBAデビューを飾ったオクラホマ州タルサ出身のファーガソンは、プロ入り初戦で24得点と6本の3ポイントシュート成功を同時に達成したNBA史上3人目の選手になっている。 カナダのトロント出身のギルジャス・アレクサンダーは、昨シーズンはロサンゼルス・クリッパーズで82試合にフル出場し(うち73試合に先発)、1試合平均26.5分間のプレイで平均10.8得点、3.3アシスト、2.8リバウンド、1.17スティールを記録して、オール・ルーキー・セカンドチームに選出された。彼は、今年のNBAオールスターに開催されたライジング・スターズ・チャレンジのワールド・チームにも選出されている。昨シーズン、彼はシーズン終盤の20試合中17試合で二桁得点を記録しており、最後の7試合中4試合では20得点以上を記録している。 名門ケンタッキー大で1年プレイしたギルジャス・アレクサンダーは、2018年のNBAドラフトの1巡目全体11位指名でクリッパーズに入団し、昨シーズンはNBAの全ルーキーの中で最多の得点と出場時間数を記録した。

関連タグ

チーム

  • サンダー

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. サンダーがテレンス・ファーガソンとシェイ・ギルジャス・アレクサンダーの契約オプションを行使