ヒートがウェイターズを1試合の出場停止処分に

マイアミ・ヒートが、シューティングガードのディオン・ウェイターズに1試合の出場停止処分を科した。これはチームにとって有害な行動を取ったことが理由で、現地23日に行われるメンフィス・グリズリーズとのシーズン開幕戦を欠場することになる。 今回の処分に至った理由をパット・ライリー球団社長は、次のように文書で説明した。「今週、多くの受け入れられない出来事があった。そして昨夜、試合中のベンチにおける彼のプロフェッショナルではない振る舞いはその頂点に達した。一連の行為により、私たちは彼を出場停止にする必要があると感じている」 現地18日のプレシーズン最終戦、ウェイターズは試合中にエリック・スポールストラHCと口論になっていた。そしてこの試合、ヒートはジミー・バトラーが欠場する中、ウェイターズの出場時間はわずか10分のみで彼より多くの時間プレイした選手は9人もいた。このプレシーズン期間中、ウェイターズは1試合平均14.3分の出場時間にとどまっている。 ヒートが規律の問題で処分を下したのは今シーズンに入って2人目となる。ジェームス・ジョンソンが、チームの求めるコンディションレベルに達してしなかったとして、トレーニングキャンプへの参加を認めなかった。プレシーズン終盤で、ジョンソンは練習に合流している。 今シーズン、ヒートで4年目を迎えるウェイターズだが、これまでの3年間で全246試合中126試合も主に足首と足の手術の影響で欠場している。昨季の彼は44試合出場で1試合平均12得点をマーク。チームは、現地24日からの復帰を認める予定と発表している。

関連タグ

チーム

  • ヒート

選手

  • Dion Waiters

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ヒートがウェイターズを1試合の出場停止処分に